自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相場

相場の世界で最も多いパターンが9勝1敗にて市場を去っていくというパターンです。



相場のことを知らない人は「なぜ9勝1敗という高い勝率なのに、なぜ市場から去らねばならないのか?」と思うかもしれませんが、これが実態。

最初は安全確実に慎重に慎重を期しながら、あたかも何かに怯えるかのごとくの投資姿勢。

そして確実に利益を重ねていく。

そして、たった1回の暴落がやってきて、ゲームオーバー。

こういったケースの場合、始末が悪いのは、ゲームオーバーになっても反省しないという点。



勝率は実際に9割もあるために、自分で自分が負けたとは思いません。
「たまたま暴落があったために負けてしまった」
そのように考える人が多いからです。

しかし真剣勝負の相場の世界では、日本刀(真剣)での決闘と同じく、斬られた段階で負け(死)。
待ったもなければ、やり直しもききません。

だから成功した相場師たちの多くは、自身に厳しい人が多く、「雨が降っても自分の責任」というレベルまで自分自身を追い込んでいるという。

確かに9勝1敗で、「反省しろ」という方に問題があるのかもしれません。



でも相場の世界というのは、まぎれもなく、9勝1敗でもゲームオーバーになってしまうという過酷な世界。

たった1回の失敗が、死を招きます。
たとえそれが人間の人知によって防ぎようのないことであったとしても。

[ 2010/03/02 02:49 ] コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。