自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いじわるばあさん

にんげんだもの」で有名な書家で詩人の相田みつをさんが武井老師から贈られた言葉にこういうのがあります。



だれだってね、いじわるばあさんになりたくて
この世に生まれてきたんじゃないからね

いろいろなめぐり逢せが悪くてね
いじわるばあさんになっちゃったんだな

本人にとって
それが自分を守る為の
精一杯の生き方なんだな

相田君なあ
人間というものは
人から何を言われても
少しも気にならない時もあれば
大変気になることもあるんだなあ

それはね
問題というのは
向こうにあるんじゃなくてね
自分のほうにあるんだな

他人に言われたことが
気になるときは
大体において
自分の生き方が
充実していないときだな

さすがにいいことを仰っておられます。



数日前にも書きましたが、「自分で考えたことは全て正解」です。
しかし悩みが多い時には、決して正解が出ないんですね。

いや、もっと正確に言うなら、正解を自分では出しているつもりなんだけど、迷いが出ているためコロコロと正解が変わってしまうといった方が意味合いが近くなるのかもしれません。

結局のところ「自己責任」という本当の意味をわかっていれば、少なくとも間違いは少ないような気がします。

ただどうしても人間だから、その場その場の感情に走りがち。
そして実際に他人のせいであったりする場合も多いわけです。

でもそれも含めて全てが「自己責任」
この姿勢ができてくると、少し世の中が違って見えてくる。

だれだってね、いじわるばあさんになりたくて
この世に生まれてきたんじゃないからね

この冒頭の二行が全てを象徴していますよね。
[ 2010/01/11 01:28 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。