自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

進むべきか、退却か

いこかもどろか」と思う瞬間、これは意外と人生において多い。仕事においても、恋愛においても、家庭生活においても。



戦略がたたないのに前進することほど危険なことはない。
だからといって完璧な戦略が立つことなんて、ほとんどないのもまた人生。
簡単に戦略が立てられるのであれば、人生なんて簡単だ。

では、どうすればよいのか?

例えばトンネルに入ったとする。
最初は気も張っているので、ガンガン突き進む。
30分ほど経過する。
「あとどれくらいの時間で外に出られるのか?」という不安にかられてくる。

この時に「いこかもどろか」の言葉が頭の中をよぎる。

こんな時に遭遇すれば、その時点で戦略が立てられるかどうかで判断するのがよい。


戦略が立たないなら、引き返す方がよい。
戦略というのは、「出口を抜けることができる」戦略という意味ではありません。
「出口が見えなくなって迷路に迷い込んだ時」に的確な行動指針があるかどうかです。

もしその戦略が立てられないのであれば、すぐに引き返した方が良い。

そして遠くからその山を見て、トンネルの大体の長さを推測してみる。
しかしトンネルは真っ直ぐに貫かれているとは限らないし、行き止まりかもしれない。
だったら近くの住人や通行人などに尋ねて見ればよい。
良きアドバイスが得られる場合もあるからです。

地図を買って、そこから推測してみるのも一つの方法です。
色々な方法があります。

よし大体のあらましは分かった。
仮にそうなったとしても、まだ進んではいけません。

予定通りに事が進むということは、ほとんどないからです。
必ずどこかで考えもしなかったハプニングというものが起きてきます。

途中で崖崩れが起きるかもしれない。


ひょっとしたら中でガスなどが充満しているかもしれない。
また得たいの知れない動物などが潜んでいるかもしれない。

これらのことを色々と考えてみる。
色々と考えたって、想定外のことは容赦なく襲ってくるので、考えても考えすぎということはありません。

しかし考えてばかりいれば、前へ進むこともできないのも、人生においてはよくあります。

だからここでタイムリミットを想定する。
トンネルに入って、30分経過した時に次なる成功の戦略が立てられるなら、そのまま進む。
しかし30分経過した時に次なる成功の戦略が立てられられないなら一旦引き返す。

人生はこの繰り返し。
能力があるかどうかではなく、適切な行動がとれているかどうかなのかもしれません。

ムリを通せば必ずどこかで破綻する。
だから進むべきかどうかの判断基準を常に自分の中に持ち合わせているかどうかではないでしょうか。
[ 2010/01/10 23:56 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。