自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「安定」と「安泰」の違い

日本ではドジョウのほとんどは輸入されています。しかし空輸すると、日本に到着した時、その8割のドジョウは死んでしまうそうです。



8割も死んでしまうなら、全くもって費用対効果は見込めませんね。

そこでそのドジョウの入っている水槽に、ドジョウの天敵であるナマズを入れるわけです。
するとナマズはパクパクとドジョウを食べてしまうわけです。

しかしナマズとて胃袋の容量というものがありますから、どんなに腹一杯食べたとしても、大体水槽の中の2割くらいだそうです。

だからドジョウを日本に空輸する時には、必ずナマズを入れるそうです。
それだけで6割ほど得するわけですからね。

ここからの教訓は二つありますよね。
まず1つ目は
常に危機感を持っていれば、動物というのは生に執着心を持つのですね。

これは人間とて例外ではありません。


危機感、そして飢餓感を常に抱いている人というのは、やはり仕事などの達成度も違ってきます。

いつもいつも危機感、そして飢餓感を抱いていては、体が持ちませんが、少なくとも危機感、そして飢餓感を持っている時間を増やせば意外と良い人生を送れるのかもしれません。

人間というのは楽するものですし、楽していれば安定があるように思ってしまいますが、実はそうではないんですよね。

大体ダイエットサイトなんかで良く言われることですが、太った原因を突き詰めていくと、ゴム系のパンツや女性ならスカートをはき始めると要注意らしい。

ジャージ姿で家でゴロゴロというのは、確かに気持ちがいいものです。しかし外へ出て歩き回った方が意外と疲れてなかったりするものです。しかも運動も兼ねているようなものですから、意外と太ったりしないんですよね。



だから常に危機感を抱いてみるという教訓です。

そして2つ目の教訓は、逆転の発想です。

天敵のナマズをわざと同じ水槽に入れるという発想は中々できないですね。
これも常々から、突拍子もないことを考えてみるという訓練をしていけば、なんとか出来そうですね。

あとは、やるだけですね。

そして一番大切なことは、
「安定」しているからといって、それが安泰というわけではない
という事実なのかもしれません。
[ 2010/01/09 17:50 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。