自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スイッチを入れてみる

NTT西日本のフレッツ光のCMで、長澤まさみさんがイチローの物真似をしています。大きく右手を回して、ほぼ水平になったところで一旦、その動作を止める。



そう、皆さんお馴染みのイチローがバッターボックスに入る時の定番ポーズです。
でもよく考えてみたら、イチローに限らず、松井秀喜さんだって、独特のポーズがあります。

これは単なるクセとかというのではなくて、本人なりのスイッチの入れ方だと思われます。
永年の中から生まれた、自分自身へのスイッチの入れ方ということになります。

つまりバッターボックスに入る時に、ある一定のポーズを取ることで、自分自身へ気合いを入れてると同時に、緊張感のスイッチを入れているわけです。

例えば、他のスポーツであっても、これから試合が始まるという時には、両手でパンパンと頬を叩いたり、「よっしゃあ~」と言って大声を上げるなどというシーンを見かけますが、これらも自分自身に気合いを入れて、これから試合をするぞ、ということを自分自身に促すとともに、集中力をより一層高めていく姿勢に変化させます。



つまり実質的にはイチローの例のポーズは、出陣前に集中力を高めるためのポーズだと考えられます。
そしてそのポーズをとった時には「パブロフの犬」のように集中力が高まっていくように体が覚え込んでいるわけです。

だから私たちもこれらのことを真似て、自分なりにスイッチを入れる方法を身につけていくのが良いと思います。

まあ例えば私の場合だと、桜田淳子さんの動画を見ると30分以内に3記事を書かなければならないように体を作りつつあるわけです。

パブロフの犬のようにね。
ブログを次々と更新していくというのは、単なる肉体作業ですからね(笑)

「パブロフの犬」とか言われると、確かに嫌な感じがしますが、実質的には、それが一番の近道でもあります。
[ 2010/01/09 16:47 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。