FC2ブログ

自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予期せぬ出来事が意外にも・・・

予期せぬ出来事というのは、誠に多い。たとえば2002年ノーベル化学賞受賞を受賞した田中耕一さん。



発見については、実験の最中に「間違えて」グリセロールとコバルトを混ぜてしまい、「どうせ捨てるのも何だし」と言って実験したところ見事に成功したと言うエピソードはあまりにも有名です。

だから失敗なんて恐れることはありません。
むしろその失敗が何を生み出すのか?生み出せるのか?を考えていた方が良いように思います。

「20世紀における偉大な発見」と言われるペニシリンの発見もまた、実験の失敗によって発見されました。

ブドウ球菌という細菌の研究をしていたアレクサンダー・フレミングは、細菌が繁殖している培養器の中にアオカビが発生してしまったのです。

これでは実験に使えません。
だからその培養器を捨てようとしました。
実験には純粋なものしか使えませんから。

しかしよくよく見るとアオカビの周囲だけに細菌が繁殖していないことに気がついたのです。



そして不思議なので顕微鏡で詳細に調べてみたところ,このアオカビが分泌する液体が細菌を溶かしているということに気づいたわけです。

そしてこの研究に費やすこと10年。
とうとうペニシリンの発見に至りました。

そしてこのペニシリンは第二次世界大戦中に多くの負傷兵や戦傷者を感染症から救いました。

「失敗は成功の母」だと分かっていれば、どんな失敗も怖くなくなりますね。
[ 2010/01/08 17:19 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。