自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原辰徳の人間性

原辰徳さんと言えば、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の全日本の監督でした。


侍ジャパンを率いて、見事に世界優勝。

桜田淳子さんも高校生時代から原辰徳さんの大ファンだったし、一時噂になったこともありました。

原辰徳さんと言えば高校生時代からアイドル的存在で、ジャイアンツに入ってからも、やはりアイドル的存在でした。

しかし実際にはかなり面白い人間であるそうです。

さて、今回の原辰徳さんですが、少し私自身の持っているイメージと違ってましたね。

パッと見た目では、男前でさわやかでキリリとしたイメージなのですが、選手たちの間では「単なるひょうきんで、面白いオヤジ」といった感じで受け止められていたようです。

えっ!?そうだったの?

原辰徳さんって、そんな感じには写らなかったですが・・・・・

でも確かにインタビューでも言ってましたよね。
おまえさんたちも本当に立派な侍になってくれた
ムムム。
確かに言ってた。
そして面白い日本語であることには違いない。

でもそれはたまたま言い回しを間違えだけじゃないの?と私自身は思っていたのですが、いつもこんな調子であることが選手たちの間から漏れ伝わってきています。



えっ!?そうだったの?
私自身が抱いていたイメージとは違いました。

そして前回のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)ではアツイ人間になって侍ジャパンに檄を飛ばしたイチローも今回は、原辰徳さん同様に『ひょうきん路線』をとることで、選手たちの心を一つにしていったらしい。

それにしても良かったですね。
とりあえず
世界一、おめでとうございます。
[ 2010/01/08 13:07 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。