自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウサギとカメ、そして桜田淳子さん

あまりにも有名過ぎるイソップ寓話『ウサギとカメ』の物語。


そして色々な人が、他でも書いています。
ある時、ウサギに歩みの鈍さをバカにされたカメは、山のふもとまでかけっこの勝負を挑んだ。かけっこを始めると予想通りウサギはどんどん先へ行き、とうとうカメが見えなくなってしまった。ウサギは少しカメを待とうと余裕綽々で居眠りを始めた。その間にカメは着実に進み、ウサギが目を覚ましたとき見たものは、山のふもとのゴールで大喜びをするカメの姿であった。

あまりにも有名過ぎる話なので、敢えて書く必要があったのかどうか、ということですね。

結局のところ
「いくらウサギが俊足であっても、継続した努力を怠れば、鈍足でも努力を怠らなかったカメに追い抜かれる」
という意味から、
コツコツと努力している者は、たとえ能力があっても努力しない者をも追い抜くことが出来る
という教訓なわけです。

しかしこの話はあまりにもインパクトが強すぎたため、「カメに負けたウサギは恥晒しだという事でウサギ仲間から仲間はずれにされたが、そのウサギ達を狙うオオカミを今度は知恵を使って撃退し、名誉挽回するという」続編があったりします。



とりあえずの教訓は『何事もコツコツとする』そして『油断大敵』ということです。
現実に明治時代の初等科の国語の教科書には油断大敵というタイトルで掲載されていました。

もし私たちが子供などに教えるのであれば、ここまででイイわけです。
しかし大人なら、この程度のレベルで終わってはいけません。

短絡的にウサギはダメで、カメがイイなんて言っていたら大人はつとまりません。

現に「リーマスじいやの話」でこの「ウサギとカメ」では別の話が紹介されています。カメが妻を自分の分身として登場させ、ウサギを計略に嵌めるという話にしてしまっています。



だって上記にあげたような教訓だけなら、大人なら誰でも知っていること。
そして誰でもが実行できるわけではないという事実があったりするわけです。
だから色々な角度から、物語を見ようとしますし、見て構わないんですね。

ウサギは能力もあり瞬発力に優れている。
そしてその能力に少し自信過剰になっている。

カメは他人よりも能力が劣っているし、そのことを自分自身でも感じている。
だからコツコツと努力するしかないことを誰よりも知っている。

そしてウサギはカメにさえ勝てば良いと考えた。
(実際には油断して負けてしまうのですが)
カメは、逆に「ゴールに到達すればよい」と考えた。

こういう部分からも「ウサギとカメ」には色々な教訓が含まれているわけです。

どちらのタイプの人も回りの人たちを見渡せば、いますよね。


そしてここで気をつけなければならないのは、短絡的に「ウサギ型」「カメ型」などと分類しないことです。

ウサギなのに「カメ型」、カメなのに「ウサギ型」という人も結構います。

桜田淳子さんも、その一人。
本来なら天才肌でウサギ型。
そして何よりも努力家。

だったら大成功を収めて当然のことでした。

しかし淳子さんは「自分自身はカメ型」だと思い込もうとした。
ここに間違いが起こった。

人間というのは誰しも土台となる考え方を持っている。
そしてその考え方に従って、行動を起こしています。

だから土台となる考え方が正しくて、それに従って正しい行動を起こしている限り、結果はほとんどの場合、自分の思った通りになります。



自分の思った通りの結果が出ないということは、土台となる考え方が間違っていたか、その行動に間違いがあったのかのどちらかです。

例えば桜田淳子さんで言うと、ウサギ型でもありカメ型でもあるわけです。

だからウサギの長所とカメの長所を自分自身でよく理解した上で、それらを引き出すことができれば、何の問題にもならなかった。

しかしこのことには、本当に沢山の教訓を含んでいます。
その中でも一番大きな教訓は、本当は「自分自身のことって意外と自分ではわかっていない」ということ。

しかし誰しもが思う。
「自分のことなのだから、他人にわかるわけがない」と。

だから迷路に迷い込んでしまう。

成功者と言われる人たちは、このことを誰よりもよく知っています。
だから他人の話には、素直に耳を傾けることができる。
「自分のことなんて、自分自身が勝手に良いように解釈する傾向が強い」
ということを、誰よりも知っているからです。
[ 2010/01/07 14:19 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。