自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二兎を追う者は、三兎を得てしまった石田純一

二兎を追う者は、一兎を得ず』というのが正式な言葉ですが、恋愛伝道師の石田純一さんによると『二兎を追う者は、三兎を得た』らしい。



しかし石田純一さんというのは、基本的に私は好きではありませんが、人間的な魅力という点では、尊敬している部分もあります。

フジテレビのドラマ『抱きしめたい!』などでトレンディー俳優として1988年にブレイクして、トレンディードラマには、欠かせない存在として君臨しました。

しかし1996年10月に、あの有名な言葉「不倫は文化」発言が飛び出します。
こんな格好の材料をテレビが放っておくわけがなく、連日連夜のバッシング報道。

『スーパーJチャンネル』の月曜日から木曜日までのメインキャスターを務めていましたが、とうとう降板。
松原千明さんとは、1999年に離婚。
事業として行っていたタオル屋さんも閉店。
しかも息子のいしだ壱成は大麻で逮捕。

普通だったら、ここで潰れていますよね。
でも今では以前とのイメージをガラリと変えて、テレビなどでも活躍中。

かつて「不倫は文化」で大騒動を起こしたことがある人には見えない。
その点では、ものすごく偉いと思います。
そして見習うべきところは、見習っていきたいですね。

僕に足らないものは、靴下じゃない。
キミだっ!
By 石田純一
[ 2010/01/07 12:15 ] コラム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。