自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小泉純一郎氏が範としたビスマルク

皆さん、永らくご無沙汰しておりました。(^^ゞ



最初は2?3週間だけ休ませていただこうかと思いきや、な、な、な、なんと半年近くも休んでしまいました。(-_-;)

ご迷惑をおかけしました。
申し訳ございませんでした。m(__)m

ただ、いきなり毎週毎週はメルマガを書けませんので、しばらくは、リハビリの意味を兼ねて、数週間に一回のペースでそして、徐々に間隔を詰めていきたいと思っております。

それにしても、この半年の長きに渡ってメルマガを解除しないでいただいた皆様には深く深く心より感謝いたします。

「痛みに耐えてよく頑張った。感動した!」
なんて、小泉さんみたいなこと、言ってみたいものですが、

このσ(^^)が言うと、ただ単に生意気な奴としか思われませんので、止めておきます (笑)

今日のお話は、そんな小泉さんから始まります。

だんだんと前総理の小泉さんも忘れられつつあります。



今となっては、少し懐かしい気もします。

どこが戦闘地域で、どこが非戦闘地域か、今、この私に聞かれたって分かるわけがないでしょ!

人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろだ

本当に人を食ったような発言が多かったです。
しかし、小泉人気は絶大なものでした。

やはり正直に自分の言葉で喋っていたからではないでしょうか?

しかし、この前、久々にテレビのブラウン管に写ってましたよ。



小泉さんが。
そう、あのホリエモンに裁判所から判決が下された時のことでした。

親しい記者が元総理の周りに群がり、「感想を」とマイクを向けた時のことでした。
小泉さんは、敢然と言い放ちました。

『親しき仲にも礼儀あり! 』って、足早に立ち去って行きました。

いつまでもたっても、小泉さんは小泉さんですね。

そんな小泉さんが、政治家として模範としていたと言われるのがあの鉄の宰相ビスマルクでした。



数々の名言を残し、あの強大なドイツ帝国を統一した、ビスマルクです。

フランス産のシャンパンばかりを飲んでいたビスマルクに、ある宴会の席で、皇帝がこのように尋ねたそうです。

「ビスマルク、君は愛国者なのだろう!?
ならばなぜドイツ産のものを飲まないんだ?」

「恐れながら陛下、愛国心と舌は別物でございます」

小泉さんが模範にしたというのが、何となくわかるような気がしますね。

そんなビスマルクが若き時代の時のエピソードです。



ビスマルクは狩猟を趣味としてました。
ある日のことです。

狩猟仲間の友人と二人で、森へ狩りに出かけました。

獲物を必死になって追うあまり、二人は、はぐれてしまいました。
しばらくすると、その友人の叫び声が遠くから聞こえてきました。

「助けてくれえ?!」

ビスマルクは、急いでその友人の声がする方に急ぎました。



すると、どうでしょう?

その友人は足を滑らして、底なし沼にハマってしまったようで今にも溺れそうです。
早く助けないと大変なことになります。

「ビスマルク、よく来てくれた。早く助けてくれえ?!」
友人は大声で、ビスマルクに向かって叫びました。

ビスマルクは手に持っていた銃を友人の方へ差し伸べて引き寄せるなんてことは、しませんでした。



手に銃を構え、その友人の方向に銃口を向けたのでした。

友人はビックリしました。

おいっ、気でも狂ったか!
早く、助けてくれ!
お願いだっ!

大声で叫ぶ友人に向かって、ビスマルクは更に引き金に手をかけたのでした。

友人は殺されると思い、沼の中でバシャバシャと、必死になってもがきながらなんとかどうにかこうにか岸にまで到達しました。
友人の顔は真っ赤っ赤です。

オマエっ!
一体、どういうつもりだ!

怒って当然です。

しかし、ビスマルクは言いました。

俺が銃口を向けたのは、お前にではない。
安易に他人に助けてもらおうとするオマエの弱い心に、銃口を向けたのだ。

事実オマエは、そのおかげで助かったじゃないか。
誰の力を借りるでもなく、自らの力で。
良かったじゃないか。

小泉さんも全く同じこと言いそうですね。



その友人は、さぞかし心の奥底では、ビスマルクのことが腹立たしかったと思います。
しかし、ある一面では、ビスマルクの言っていることにも一理あるわけです。

本日は、半年もメルマガを休んでしまったこのσ(^^)の弱い心にも銃口を向ける意味で、この話を再デビューに際して、選択させて頂きました。

では、では。

ゴールデンウイークは、ゆっくりと骨休めでもしてみて下さい。

このメルマガは2007年4月26日に発行されたものです。

[ 2010/01/03 18:38 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。