FC2ブログ

自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カイゼン力

ちょっと!ちょっとちょっと?!」



今、ブレークしかかっているお笑い双子コンビ「ザ・たっち」のギャグ。

実は1年前にも少しだけブレークしかかったことがありました。
ライブドア前社長のホリエモンこと堀江貴文氏の物真似ネタで。

当時、飛ぶ鳥も落とす勢いだったホリエモン人気に便乗した形。
しかし、堀江氏が証券取引法違反であっけなく逮捕。
ホリエモンの物真似は永遠に封印された。

その後、今度は「武部勤氏」の物真似ネタを披露したが、武部氏自体が千葉補選での敗退から、人気急降下。
このギャグは、あまり世間では受けなかった。

「幽体離脱」は双子ならではのギャグだが、ニヤリとする程度。
あまりやり過ぎると、面白くない。

その後は、同じ双子である「おすぎとピーコ」の物真似で何とか食いつなぐ。

そして今「ちょっと!ちょっとちょっと?!」が脚光を浴びている。
しかしこれは『はなわさんから貰ったネタ』

二人同時ツッコミが受けると本人たちが学習したことで、今は「なんで!なんでなんで?!」のギャグ が世間で受けつつある。

ここから年末年始にかけて、大ブレークの予感がします。

どこで何が起こるかわからない。
だから絶対にあきらめちゃダメ。

今「カイゼン力」が注目を浴びている。自動車メーカー・トヨタの『カイゼン力』



プレス機で鉄をプレスする時に、右手に鉄を持ち所定の場所に置く。
手を離し、右足でペダルを踏むと、上からプレス機が降りてくる。

ものすごく効率的に出来ているのだが、手をプレス機に挟まれるという事故が後を絶たなかった。
手を離す前に、ついつい足でペダルを踏んでしまうからです。

そこで、トヨタは考えた。

右手で、ボタンを押さないとプレス機が降りてこないように改造。



つまり鉄を右手に持ち、それを所定の場所に置く。
置いた後に、右手でボタンを押せば、プレス機が上から降りてくる。

少しだけ効率は落ちるものの、事故を起こしてくれるよりはマシだった。
少なくともトヨタは、そう考えた。

しかし事故は相変わらず減らなかった。

職工たちが左手で鉄を持ち、右手でボタンを押すという行動をとり始めからです。

どうしても現場では「作業効率が優先」されるために職工たちが、ひねり出した知恵だったのです。

しかしトヨタは、それでは困る。

そこで、トヨタは考えた。

鉄を置いた後に、左手でボタンを押し、更に右手でもボタンを同時に押さないとプレス機が降りてこないように改造した。


すると、事故は全くの0になった。

両手でボタンを押すのだから、手を挟まれるはずがありません。
これがトヨタの『カイゼン力』。

あくなき『カイゼン力』を追求した結果が、事故率0%。

やはり自分自身に対してでも、この『カイゼン力』を発揮していきたいものですね。
ロスを生まない『自分カイゼン力』を。

泣いても笑っても、今年もあと2ヶ月と少しなのですから。

先週号は急にお休みしてしまいました。



少し私の方の物販の方が、忙しくなってきたために、ご迷惑をおかけしました。
申し訳ございませんでした。

ただしばらくは、この忙しい状況が続きそうなので、来年の1月くらいまでは、このメルマガは2?3週間に1回程度の発行周期とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご理解よろしくお願いいたします。

このメルマガは2006年10月11日に発行されたものです。

[ 2010/01/03 17:15 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。