自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モチベーションの継続(中編)

夢や希望があるから、苦しい試練にも耐えられる。



当たり前と言えば、当たり前なのですが・・・・・・。
しかし、この当たり前のことを意外と私たちは判ってなかったりするわけです。

1年後は、かなり余裕のある、左団扇の生活をすることができる。

そういう夢や希望があるからこそ、
『1日や2日の徹夜くらいは何のその』
と、思いっきり歯を食い縛ってでも頑張ることができるわけです。

もし、1年後に路頭に迷っていたら、どうしよう?
そんな思いが心の奥底に、少しでもあったなら、頑張ることなど出来ません。
毎日毎日、心配が心配を呼び、眠れなくなるのがオチです。

だから、この5週に渡って、その事を徹底的にカキコしてきたわけです。

だから、夢や希望を持つことが大切なのです。



そして、その夢を心の奥底から、自分自身が信じきることが大切なのです。
信じることが出来ないものに対して、決して努力することはできませんから。

たとえば、年収300万円の人が1年以内に年収1000万円になりたい、と目標を立てたとします。

そしたら、割り算するでしょう(笑)。
月84万円稼がなきゃダメだと。

すると『そんなのはとても無理だ。じゃあ再来年を目標に』となっちゃう。
そして、その時から目標は目標ではなくなり、ただの願望へと成り下がる。

そんな面白い本を、ついこの間読んだんですよね。



登場人物は3人。

1 実現不可能そうなことばかり考える誇大妄想狂の元携帯電話販売員(30)
2 長渕剛の「とんぼ」を口ずさみながら鹿児島から上京した元板前(30)
3 突然給料10万円減らされた上司に辞表を叩きつけた協調性ゼロのシステムエンジニア(27)

文字通り、「金なし、コネなし、学歴なし」の3人
     「1人のままでは何もできなかった」3人

そんな3人が八王子の山奥に家賃5万でいまにも崩れ落ちそうな倉庫を借りて始めたのは、な、な、な、なんと印鑑のネット通販。

ただでさえ、先発隊がひしめき、しのぎを削りあうネット市場。
しかも、別に珍しくも何ともない、印鑑のネット通販。

絶対に成功するはずがない。



人々は皆が皆、そう思った。

人々は皆が皆、彼らを笑った。
人々は皆が皆、彼らをバカにした。

しかし結果は?
予想に反して彼らは、たったの3年で5億円を稼ぎ出してしまった。

だから人生というのは面白い。

『ハンコで5億稼ぐ道』という本です。

まだ発売されたばかりなので新刊書店に行けば、置いてあるかもしれません。ただ、かなりの勢いで売れているようですので品切れになる前に、どうぞ。

(つづく)

このメルマガは2006年7月5日に発行されたものです。

[ 2010/01/02 22:00 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。