自分らしい生き方

メルマガ「ピンチをチャンスに!あの手この手の勝者の心理戦」の過去ログとそれに派生する、生き方について考察してみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メルマガは廃刊する予定でいます

ピンチはチャンス!あの手この手の勝者の心理戦
ならびに
このブログは

2014年中に閉鎖することとなりました。

もう既に移動を始めた方もおられるようですが、
敢えてここでは移動先については記しませんので、どうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2013/12/18 09:49 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)

間違った成功体験

たとえ小さくとも成功体験というのを徐々に積めば積むほど成功への近道だ



というのは、どの自己啓発書にも書かれていることです。

では、悪い成功体験。

その典型的な例が「守株(しゅしゅ)」
日本では北原白秋の歌にもなっています。

♪待ちぼうけ、待ちぼうけ
ある日せっせこ、野良稼ぎ
そこに兔が飛んで出て
ころりころげた 木のねっこ

野良稼ぎの合間に切り株に腰掛けて休んでいると
ウサギが勝手にやってきて、その切り株に頭をぶつけて死んじゃった。

そこでこの百姓は来る日も来る日も、2匹目のウサギを待ち続けた。

しかし二度とウサギは、やってこなかった。

いつまでもいつまでも、待ちぼうけ(笑)

成功体験というのは、あった方が良いに決まっています。



しかしもし、その成功体験が間違ったものであれば、「はじめに」で書いた
ことのようになってしまいます。

こんなことをすれば、たちまち世界の笑い者になってしまいます。


人間というのは、失敗すれば学びます。



だから「失敗は成功の母」などと呼ばれる所以です。

失敗を恐れない行動をとるようになれば、おのずと成功へと近づけます。

しかし人間というのは、
成功すれば、なぜか学びないという習性を持っています。

ここに実は落とし穴があったりします。

だから上記のようなエピソードが生まれます。



このエピソードだけを見ると

私は、こんな馬鹿なマネは絶対にしません!
そんな奴、本当にいる?

と言ってしまいがちですが、エピソードというのは、あくまでもエピソード。

多少の誇張を用い、面白おかしく書かれているものです。

実は私たちも知らず知らずのうちに
この「待ちぼうけ」と同じことをやっていたりします。


バブル経済華やかりし頃、ネコも杓子も株式投資を行っていました。



そして株式で儲けたお金で主婦や学生までもが贅沢三昧。

ある人は
「私はファンダメンタルを見るのが上手でねぇ」と言い

ある人は
「私はテクニカル投資に長けているんですよ」と言った。


しかしやがてバブルは崩壊。



結局ほとんどの人は大損。
自己破産を行った人も。

そして企業までもが倒産ラッシュで、その後日本は
今の今でさえ尚、その時のツケを払っているのです。

あの日あの時、株式投資で儲けることが出来たのは
単に『バブル経済だったから』ですよね。

決してファンダメンタルやテクニカル投資に通じていたからではありません。

では、このような落とし穴に嵌らないようにするにはどうしたらいいんでしょうか?



数学の問題を解くが如く、
キチンとその成功体験をノートに記録しておくことが大切です。

間違っていてもイイから自分なりに
なぜ成功したのかを
時代背景や環境とともに書きつづっておくことが大切です。

そしてそのノートを後になって見直し
何度も何度も「なぜ成功したのか?」を考え続けます。

そうすることによって
たとえ完璧な解答が得られなかったとしても
“一発屋”として消えて行くという愚行を行う確率はグーンと減ります。


編集後記




インターネットでは一発屋が横行します。

ヤフオクバブル。
せどりバブル。
ブログバブル。
情報商材バブル、などなど。

そしてバブルに踊った人たちは今どこに?

しかし一方では上手にバブルの波に乗り、
本物の成功を収めた人たちがいるのも事実です。

そんな成功者たちは
「なぜ成功できたのか?」
を例外なくキチンと把握していたりします。

だからバブルが崩壊しても生き残ってゆけるのです。
[ 2011/08/08 23:01 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)

キャンディーズを大ブレイクさせた立ち位置

はじめに


本日はキャンディーズの話。
キャンディーズと言っても、南海キャンディーズではありません(笑)

1970年代のアイドル戦国時代に彗星の如く突如現れ、絶大なる人気を博したにも
かかわらず、今度は「普通の女の子に戻りたい!」といって、突然引退した
あの女性3人組デュオのことです。

1978年4月4日には当時の後楽園球場にて、ファン5万5千人を集めての
ファイナルコンサートを開きました。

そしてそれから30年後。

沢山のファンたちを集めて「後楽園」で大同窓会を行いました。

あの元防衛相の石破茂さんも、慶応大学4年生だった時のキャンディーズへの
アツキ思いをテレビで語っておられたのが、まるで昨日のことのようです。

しかしそのキャンディーズも実は最初からスターダムに
のし上がったわけではありませんでした。

長い長いトンネルを抜けるまでには約1年という時間を要したのでした。

キャンディーズ、それはご存じ


伊藤蘭(ランちゃん)
田中好子(スーちゃん)
藤村美樹(ミキちゃん)の3人組。

そしてこの3人のメンバーが順番に歌を被せていく綺麗なハーモニー
は聞いていて非常に心地良いものがありました。

昭和46年、3人はナベプロ(現 ワタナベエンターテインメント)
所属のスクールメイツ(東京音楽学院)の一員でした。


しかしまだまだ単なる、その他大勢の一人ずつでもありました。

そして運命の日はとうとうやってきました。

松崎澄夫(現・アミューズソフトエンタテインメント代表取締役社長)が
この3人に目をつけました。

「これは売れる!」と直感したと言います。

だからグループ名は「食べてまいたくなるほど可愛い女の娘」という意味を
込めてキャンディーズと命名されました。

早速デビューの準備にとりかかります。
1975年(昭和50年)のことです。



当時は「スター誕生」などの番組の影響でナベプロ独占状態は崩れつつあったものの
まだまだナベプロの影響力は相当なものがありました。

天地真理、アグネス・チャン、ゴールデンハーフなどのトップアイドルたちから
圧倒的人気を誇ったザ・ドリフターズまで、人気者がズラリと並んでいました。

キャンディーズを当時大人気番組だった「8時だョ!全員集合」のレギュラー
アシスタントに据えます。

土曜の夜8時は、この番組から始まると言っても過言ではありませんでした。
当然に絶大なる視聴率を誇っていました。

その番組にアシスタントとは言え、レギュラーになるということ自体が
ナベプロの力の入れようが、これだけでも十分に理解出来というものです。

それは「確実に売れる!」という確信のようなものがあったから
だと言われました。

そしてキャンディーズのセンターメインボーカルはスーちゃん。


歌唱力が他の2人よりも比較的安定していたのと
ルックス的にも、当時既にトップアイドルの位置にいた桜田淳子さん
を彷彿させるものがあったためだと言われています。

メインボーカルと言うと、そのグループの象徴的存在で
売れるかどうかの生命線を握るものです。

だから田中好子(スーちゃん)がセンターに座るのは
当然と言えば当然かもしれません。

デビュー曲は「あなたに夢中」
オリコン36位、売り上げ枚数は8.1万枚のスマッシュヒット。

続く「そよ風のくちづけ」は売上げ6.3万枚、オリコン39位。

3曲目の「危ない土曜日」は売上げ3.8万枚オリコン46位。

ん?
キャンディーズ みごろ!ベストソングコレクション~永久保存版 [DVD]
キャンディーズ みごろ!ベストソングコレクション~永久保存版 [DVD]
video maker(VC/DAS)(D) 2010-12-03
売り上げランキング : 17939


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おかしい!


プロデューサーの松崎澄夫氏はクビをひねります。
わからん。
どう考えてもわからん。

高視聴率番組「8時だョ!全員集合」にレギュラー出演させた
ことで抜群の宣伝効果があるはずなのに・・・・・

それにしても曲を出すごとに売り上げ枚数が減少していくなんて
到底考えられない!

わからん。
どう考えてもわからん。

もう既にデビューから1年が経っていました。

当時のキャンディーズ担当マネージャーだった諸岡義明氏が
ここで、ある提案をします。



センターメインボーカルをスーちゃんからランちゃんに変えてみては?
そして立ち位置をおもいきって変えてみては?

マネージャーだからこそキャンディーズのコンサートは
すべてつぶさに見ています。

だからコンサート会場ではスーちゃんよりもランちゃんに
大学生たちの視線が釘付けになっていることを見逃しませんでした。

しかし既にデビューから1年が経過しています。
今さら、センターメインボーカルを変えることは、
非常に危険な賭けとも言えます。

それともこのまま単なる脇役的アイドルとして
座して死を待つか!?

決断!



後に「花の諸岡班」とも言われるようになり(現ワタナベエンターテインメント専務)
ザ・ピーナッツを担当していた実績もあります。

決してとびきりの美人とは言えない伊藤蘭(ラン)さん。

しかしながら少し垂れた目と優しい微笑みはお姉さん的優しさを醸し出す。

男性なら誰でもが本能的に持っている「女性に甘えてみたい」という心理。
その欲求を十分に満たしてくれる伊藤蘭(ラン)さん。

そして歌もこれまでのものとはガラリと変え
「年下の男の子」という「どんどん甘えてネ」というコンセプト。

しかも伊藤蘭さんのソロ主旋律を強調し、ハーモニーを控えめにします。

そしてこの「年下の男の子」は大ヒットして初のオリコンベストテンに
ランクインします。

これが動画で見るキャンディーズの立ち位置の変遷

男性の本能に訴えることに成功したキャンディーズの
その後の大ブレイクは、ここに書く必要はありませんね。

編集後記



伊藤蘭さんは現在は水谷豊夫人。

水谷豊さんは、今でも奥さんのことを「ランちゃんさん」と呼んでいる
そうです。

水谷豊さんの魅力は伊藤蘭さんの魔法の力の上で
成り立っているのかもしれません。


このメルマガは2010年10月24日に発行されたものです。
[ 2011/02/24 06:40 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)

群盲象を撫でる(群盲象を評す)

はじめに



「群盲象を評す」
「群盲象を撫でる」
とも言われるエピソードがあります。

盲人達を連れて象のそばに寄った。

各々に足を触る者、尾を持つ者、尾の根本を持つ者、腹を触る者、
脇腹を触る者、背を触る者、耳を触る者、頭を触る者、
牙を触る者、鼻を触る者がいた。

「象とはどういうものだ」と、その盲人達に聞いた。

足を触った者は「象とは立派な柱のようなものです」と答えた、

尾を持った者は箒のよう、尾の根本を持った者は杖のよう、
腹を触った者は太鼓のよう、脇腹を触った者は壁のよう、
背を触った者は背の高い机のよう、耳を触った者は団扇のよう、
頭を触った者は何か大きなかたまり、牙を触った者は何か角のようなもの、
鼻を触った者は「象とは太い綱のようなものです」と答えた。

盲人なので、彼らは象の全体像はわかりません。


だから触った部分でしか象を判断するしかないわけです。

象という全体像を知っている人たちにとってみたら、上記のような答を聞けば
笑ってしまうかもしれません。

象は柱のようなものではありませんし、箒のようなものでもありませんし
杖のようなものでもありません。

しかし大切なことは、
「盲人達の言っていることは間違ってもいない」ということです。

いわゆる「惜しい!」という奴です。


正しくもないが、間違ってもいない。

「間違ってもいない」というところが実はミソなのです。

「間違ってもいない」から、間違いに気づきにくいというジレンマに
陥ってしまいます。

全くの間違いであれば、すぐに間違いだと気づき、軌道修正をすることが
可能なのですが、「惜しい!」間違いには、人間というのは中々素直には
なれないものです。

そしてどうなるのか?

やがては「大間違い」に発展してしまいきます。


一部分だけを見て、それを全体像だと錯覚してしまうと「大間違い」


へと発展していく可能性があります。

世の中の事象には、全てプラス面とマイナス面があります。

このことを普段から肝に銘じておけば、意外とこの「群盲象を評す」の
ジレンマから比較的早く脱却することが可能かもしれません。

例えば「お金」。

誰でもが「お金」を欲しいと思っています。
事実「お金」があれば、
世の中の約8割以上のことについて解決してくれます。

だから誰しもが「お金」を欲しいと思う。

では、「お金」というのはプラス面で万能なのか?



違いますよね。

「お金」を持ったばかりに殺人事件に巻き込まれたり、財産争いなどを始め
とする数々の争いに巻き込まれる可能性があります。

「資産家殺人事件」というのは時折ニュースなどでも報道されている通りです。

しかし「お金」を持たざる人にとってみたら、そんなマイナス面を考慮せずに
「お金儲け」だけに腐心したりします。

そうするとやがて「お金持ち」になった時、予期せぬ事件に巻き込まれたり
するわけです。

ならば「お金が無い状態のままでいいのか?」という疑問が出て来ます。

これも違いますよね。

大切なことは、プラス面とマイナス面をキチンと理解しておくこと。


プラス面を最大限に利用しながら、マイナス面を最小限に抑える。
この思考が一番大切です。

そのためには普段から、自分自身を常に客観視しておく必要があります。

プラス面ばかりに目を向けるのではなく、マイナス面にも目を向けてみる。

プラス面しか思い浮かばないなら、
「マイナス面はないのか?」ということを徹底的に考えみる。

絶対に無いということはありません。

もしマイナス面が見つからないなら、それは自分自身をまだ
客観視できていないというように考えておけば、
「大間違い」をする可能性は激減するように思います。

このメルマガは2010年8月19日に発行されたものです。
[ 2010/10/24 19:59 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)

正しい努力

はじめに



私自身は、やっていないのですが、
「盆栽」には、小さければ小さいほど、良い
という価値観があるそうです。

理由は?

それは、小さいということ自体が、それだけ
「たゆまぬ人の手が加わり続けた証拠」
だからだそうです。

つまり手を抜いたりしないで、コツコツとその盆栽を見守るという努力を
絶やすことがなかったということなんですね。

盆栽には、努力が目に見える形でウソ偽りなく出てしまうわけです。

しかし逆に考えれば、
努力の成果が見えるならば、これほど楽なことはありません。

人生というのは、
努力の成果が必ず目に見えるというわけではありませんから。

島田紳助さんが出したDVDに「紳竜の研究」という商品があります。



紳竜の研究 [DVD]
紳竜の研究 [DVD]
アール・アンド・シー 2007-05-30
売り上げランキング : 1764

おすすめ平均 star
star良いですね
star心で記憶し,心で伝える。
star売れるべくして売れたわけ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2枚組のDVDなのですが、これがあの経済誌「プレジデント」で紹介されてからというもの、売れに売れているようです。

2枚組のうち1枚は「紳竜時代の漫才」です。
そしてもう1枚が、「プレジデント」でも紹介された

NSC(吉本総合芸能学院/2007年3月)でたった一度だけ開催された
紳助の特別限定授業になります。

「笑いの教科書の作り方」
「売れるために一番大切なこと」
「M-1の戦い方」

などなどが収録されてます。

一見、というかこのDVDは漫才師として大成するための方法論について書かれています。



しかし「プレジデント」は
ここで語られている事は、人生全般にも通じるもの
そんな信念から紹介したわけです。

まずは島田紳助の才能論から始まります。

世の中で成功するか、しないかは、全ては才能が決める。
だから

『僕が君たちに教えられるのは、正しい努力の仕方』なのよ。

正しい努力してたら、人間ってあきらめなきゃいけない時には確実にあきらめることが出来るんよ。

でも、世の中には、あきらめられない奴が多い。
それは、どうして?

正しい努力をしてないからよ。

この前もねぇ、レーシングチームのドライバーに言うたんよ。



こんなタイムしか出せないんだったら、早く辞めろって。
オマエのためを思って、言ってんねんゾ。

そしたらそのドライバー、言い返してきた。

「必ず良いタイムを出しますんで、見てて下さい!」
って、おかしいやろ!?

タイム出せないから、早く辞めろって、俺は言ったわけよ。
頑張ってタイム出せるんだったら、辞める必要ないやん。

つまり、このドライバーは、頑張ればタイムが出せると思ってるわけよ。

じゃあ何で、その努力を今までして来なかったの?
そして結果が今、出てないのは、正しい努力ではなかったって事よ。

自分で自分のことを、才能がないとは認めたくないから
努力が足りなかっただけ、と勝手に思い込もうとしてるわけよ。

でも不思議なもんで、正しい努力が出来ていれば人間って、意外とアッサリ、自分に才能がないってことが自覚できるんよネ。

だって才能は無かったんやから、その正しい努力を別の分野で発揮させれば、イイだけなんやから、アッサリとあきらめて別の道を進めるんよ。

なるほど、です。



私たちって間違えた努力をしている事って、よくあります。
それも知らず知らずのうちに。
大人になれば、誰も注意をしてくれませんからネ。

アフィリエイト塾にK塾というのがあります。
その塾長であるKさんが、

「間違い × 100」
って何ですか?

ということを、よく口癖のように言います。

『それは大間違いでしょ(笑)』

だからK塾は王道を歩む。
そして正しい努力の仕方を教える。

するとアフィリエイトだけでなく、色々なビジネス力も付いてくる。
それがK塾の人気の秘密なんですね。

年に一度のK塾の募集が、とうとう始まりました。

注意 K塾の募集は既に終了致しました。

編集後記



では「はじめに」の部分でも言った
『人生というのは、
努力の成果が必ず目に見えるというわけではありませんから。』
という意味。

才能がなくても出来るのが アフィリエイト。
だから必ずアフィリエイトでは、努力の成果が確実に結果として出ます。

稼いでいない人は、努力をしていないか、
間違った努力をしている人。

ただ、正しい努力をしたとしても、すぐに結果は出ません。
当たり前ですよね。

今日から英語の勉強を始めて、
明日からペラペラと喋れたら、それこそ大変です。

しかし正しい努力をしていれば、
必ず時間が経過すれば成果というのは確実に出ます。

問題は、今
その時間の途中にいるのか? それとも 間違った努力をしているのか?

それが自分では中々判断がつかないということなんですね。

K塾はそんな道しるべになってくれるわけです。

最後に一つだけ、ヒミツを暴露。
実はこのKさんという人は体に爆弾を抱えています。

だからもし、この世から消えていったとしても
塾生が稼ぎ続けてくれれば、そんな思いからだけで塾をやっています。

では、良いお年を。

このメルマガは2009年12月に発行されたものです。
[ 2010/08/19 07:00 ] メルマガ | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。